福島工業株式会社

日常のお手入れ

コンデンサーフィルターの清掃

配電ブレーカーを【OFF(切)】にし、電源プラグを抜いてください。 たわし、布をご準備ください。
1ヶ月に2回はフィルターをきれいにしてください。目詰まりは冷えにくくなります。
清潔にすることにより電気代がお得です。

タテ型

1

上図のように機械室パネルの下側を手前に引いて機械室パネルをあけてください。

2

機械室パネルを片手で支えながらもう一方の手でコンデンサーフィルターの下部のつまみを持ちあげ、手前に引いて取り外します。

3

取り外したコンデンサーフィルターは、たわしなどで水洗いしてください。
水洗い後は、乾いた布で拭き取ってよく乾かし取り付けてください。
取り付けは逆の順序で、外したコンデンサーフィルターを取り付けた後、機械室パネルを閉めて固定してください。

ヨコ型

Yシリーズ以降は機械室パネルを開けなくてもフィルターの取り外しが可能です。

1

Yシリーズ以前の機器は、上図のように機械室パネルを開けてください。
※フィルターは機械室内にあります。

2

コンデンサーフィルターの上に持ち上げ、手前に引くと下部から外されます。

扉パッキンの清掃

やわらかい布及び、ぬるま湯をご準備ください。
パッキンはいつもきれいにしておいてください。
清潔にすることによりパッキンが長持ちします。

1

扉を開けてください。各扉の裏にパッキンが付いております。
扉パッキンは食品のカスや汁などで汚れやすいところです。
また扉を開けている間は冷気が洩れますので、すばやくしましょう。

2

パッキンの表面に付着している汚れをぬるま湯をしみ込ませた布で、拭き取ってください。汚れがひどい場合は中性洗剤をご使用ください。
注)溶剤を含む洗剤(例えばマジックリンなど)は使用しないでください。
樹脂部分が劣化し、クラック・割れが発生する場合があります。
中の汚れも拭き取ってください。
パッキンの傷みの原因となります。
乾いた布でパッキン表面に残った水分を拭き取ってください。

棚網の清掃

やわらかい布及び、ぬるま湯をご準備ください。
棚網はいつもきれいにしておいてください。
清潔にすることにより棚網が長持ちします。

1

庫内にある食材を別の棚に移動してください。
棚網を庫内より取り出してください。
この際、冷気が外に洩れ、庫内温度が上昇しますのですばやくしましょう。

2

ぬるま湯を含ませた布で棚網を拭いてください。
注)溶剤を含む洗剤(例えばマジックリンなど)は使用しないでください。
樹脂部分が劣化し、クラック・割れが発生する場合があります。
お手入れをする場合は、ぬるま湯か水で薄めた食器用の液体洗剤をしみ込ませた布で拭いた後、乾いた布で仕上げてください。

3

食材をもとの位置に戻してください。

庫内・庫外の清掃

やわらかい布及び、ぬるま湯をご準備ください。
常に製品をきれいにしておいてください。
清潔にすることにより製品が長持ちします。

1

庫内にある食材を別の棚に移動してください。
棚網を庫内より取り出してください。
この際、冷気が外に洩れ、庫内温度が上昇しますのですばやくしましょう。

2

乾いた布で、製品の表面を拭いてください。扉を開け、ぬるま湯を含ませた布で庫内の内側を拭いてください。
乾いた布で庫内の内側を拭いてください。
汚れがひどい場合はぬるま湯か水で薄めた食器用の液体洗剤をしみ込ませた布で拭いた後、乾いた布で仕上げてください。
注)(例えばマジックリンなど)は使用しないでください。
樹脂部分が劣化し、クラック・割れが発生する場合があります。
クレンザー、酸類、ベンジン、ガソリン、シンナー、熱湯などは使わないでください。(電気絶縁を悪くします)

3

ホテルパンに入っている食品を全て取り出してください。
ホテルパンを取り出してください。
扉を少し持ち上げて、レールから車輪を外してください。
庫内を乾いたやわらかい布で拭き取ってください。
汚れがひどい時は、ぬるま湯か、水で薄めた食器用の液体洗剤で拭いてください。
露がついたら・・・
キャビネット表面に露がつきましたら、やわらかい布で拭き取ってください。 露が付いたまま放置しますと、キャビネット表面に錆やシミが発生しますので、キャビネット表面の手入れを良くしてください。

カタログ請求
オンラインでお申し込みいただくと、日本全国どこへでも製品カタログをお届けいたします。
フォームでのお問い合わせ
製品やショールームなど、様々なお問い合わせをWeb上で受け付けています。
0120-21-3521
受付時間 9:00~17:00(土日祝、年末年始を除く)
PageTop