福島工業株式会社

HACCP マスターV3

HACCP master V3

調理施設において食材の検収から保管、加熱、冷却、提供までの各工程における正しい温度管理と作業記録は非常に重要です。
HACCPマスターV3は、必要とされる温度などの管理をICTを活用し、効率良く行うためのシステムです。

導入イメージ

環境:厨房内の温度・湿度の状態を記録

原料保管

原材料を補完するプレハブ庫や冷蔵庫の温度・運転状態を24時間管理。

↓

一時保管

一時保管に使用するパススルー冷蔵庫の温度管理。

↓

加熱

スチコンの庫内温度・中心温度を自動で管理。

↓

急速冷却

急速冷却で使用するブラストチラーの庫内温度・中心温度を自動で管理。

↓

チルド保管

製品保管を行う冷蔵庫の温度・運転状態を24時間管理。

↓

再加熱

再加熱カートの温度・運転状態の管理。調理のスケジュール管理にも対応。

↓

配送

配送時の温度はデータロガーを使用して記録。

食材の温度管理・衛生管理

再加熱

再加熱カートの温度・運転状態の管理。調理のスケジュール管理にも対応。

↓

入荷

ハンディターミナルやHACCPExtenderを用いて食材入荷時の温度や状態の記録。

↓

加熱

ハンディーターミナルやHACCPExtenderを用いて加熱後の中心温度を記録。

↓

急速冷却

ハンディーターミナルやHACCP Extenderを用いて冷却後の中心温度を記録。

↓

再加熱

ハンディーターミナルやHACCPExtenderを用いて再加熱後の中心温度を記録。

↓

盛付

ハンディーターミナルやHACCPExtenderを用いて盛付後の中心温度も記録。

特徴

集中監視

冷機器や熱機器の温度記録や検品時の温度記録、加熱や冷却工程の温度記録、さらには健康チェックなどの衛生記録も一元管理できます。

帳票を自動的に作成

計測した温度や作業記録データから日報や月報などの帳票を自動的に作成し保存します。これからは必要な時に帳票を選んで印刷するだけです。

異常の発生をリアルタイムに把握

機器の異常が発生した場合、メールなどで速やかに担当者へ通報する機能があります。これにより24時間厨房内の異常を見逃す事はありません。

専用端末

食材の温度管理・衛生管理のための2種類の専用端末をご用意しております。

HACCP Extender

タブレット端末を利用し、タッチパネル操作で簡単に調理・検収の温度記録や、入室時の衛生管理、クレンリネスの作業記録が行えます。

ハンディーターミナル

表面温度や中心温度の計測時に、バーコードを利用して、温度測定者や料理名などを合わせて簡単に記録・管理が行えます。

お客様の声

記録の記入漏れ、記入ミスを心配する必要がなくなりました。

重要なチルド庫の温度が24時間管理されているので、安心して食事を提供できます。

異常発生を即座に把握でき、早い対応を取る事ができるようになりました。

簡単に冷蔵庫の日報印刷ができ、便利です。

調理場で温度を手書きすることができなくなりました。

調理作業者のT-T管理の意義が向上しました。

カタログ請求
オンラインでお申し込みいただくと、日本全国どこへでも製品カタログをお届けいたします。
フォームでのお問い合わせ
製品やショールームなど、様々なお問い合わせをWeb上で受け付けています。
0120-21-3521
受付時間 9:00~17:00(土日祝、年末年始を除く)
PageTop