福島工業株式会社

お知らせ

2018.12.12新製品

温度データ管理システム「HACCP ExAround」が新登場!

 

製品名 温度データ管理システムHACCP ExAround
プレス発表日 2018年12月12日
特長 ◇温度データ管理
温度データをクラウド上で蓄積して2年間保持します。◇温度履歴
温度履歴・グラフ・帳票をインターネット上で閲覧・ダウンロードが可能。
スマートフォンやパソコンにて管理状況を確認。

◇対象機器
温度管理対象はホストコントローラ―で監視可能なショーケース、プレハブ冷蔵庫、
業務用冷蔵庫など。熱機器などの他社機器の計測は温度センサーの工事が必要です。

【背景】
○HACCP導入の義務化
食品衛生法の改正により2020年から全ての食品業者に対して、HACCPの導入が制度化されます。
2020年6月より施行、2021年6月より必須となります。

○HACCPとは
HACCPは、食品事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因を把握し、原材料の受入から製造・販売までの全ての工程において危害要因(ハザード)を低減・除去するために特に重要な工程(管理点)を特定することで、それらのポイントを継続的に監視・記録をしていく衛生管理の手法です。

主なオススメ先 スーパーマーケット、食品工場、給食センター、ホテル、レストランなどの飲食店に。
その他 【発売日】2019年1月7日(月)
カタログ請求
オンラインでお申し込みいただくと、日本全国どこへでも製品カタログをお届けいたします。
フォームでのお問い合わせ
製品やショールームなど、様々なお問い合わせをWeb上で受け付けています。
0120-21-3521
受付時間 9:00~17:00(土日祝、年末年始を除く)
PageTop