インバータ制御Aシリーズ新登場
年間ランニングコスト比較
※1:年間消費電力量は、JIS B 8630で決められた測定方法で得られた値を表示 ●測定方法:周囲温度30℃ 周囲湿度70% 庫内温度:冷蔵4℃以下、冷凍-20℃以下 扉開閉回数:冷蔵5分 に1回10秒 72回開閉/日、 冷凍15分に1回10秒 24回開閉/日 1日当たりの消費電力量×365日分 ●電気代は電力料金目安単価 ●単相100V:27円/kwh(税込)[引用元](社)全国家 庭電気製品公正取引協議会「新電力料金目安単価」 ●三相200V:16円/kwh(税込)[引用元](社)全国電力会社低圧電力料金の平均値(平成26年6月現在)●使用時の消費電力量は、設置の仕方、各庫内の温度設定、周囲温度や湿度、扉開閉頻度、新しく入れる食品の量や温度、使い方により変動する場合があります。
冷凍庫
省エネ技術

従来機とインバーター制御機の比較

扉の開閉が少ない状態では、圧縮機の回転数を抑制。

ムダな電力をカットします。

扉の開閉等があった場合、一時的に圧縮機の回転数を上昇させ、

庫内の温度を最適にします。

●営業終了後など扉開閉のない時
●営業中など扉開閉のある時

新型マイコンを採用

省エネと冷却スピードを両立する新マイコン基板を開発。

圧縮機、凝縮ファン、庫内ファンの回転数を最適制御することで

更なる省エネを実現。

新型高効率蒸発器を採用

熱交換効率を上げてさらなる省エネルギー化を実現。

機械室ユニットを厚くし、断熱性を向上

機械室高さ20mmアップによりユニットを厚くし、断熱性向上。

(本体高さは従来通り1.950mmです。)

消費電力と消費電力量の違い
消費電力は冷蔵庫を連続運転し庫内温度が下がりきった状態での1秒間あたりに消費する電気エネルギーの量を示しています。電気料金を知るには実際の使用条件に近い一定の条件の下で一定期間に消費する電力量を表示した値である「消費電力量」をしらべる必要があります。カタログ表記の「消費電力」が低い商品でも実際の「消費電力量」とは異なりますのでご注意ください。
使いやすさとメンテナンス性・安全性

コンデンサーフィルターの清掃など

日常メンテナンスが容易な機械室パネル保持構造

機械室パネルのヒンジ機構の軸がスライドすることにより、

パネルを開けたままにできます。

 

新形状の扉パッキン

扉パッキンを2重から3重構造にすることにより、冷気モレを減らし、より省エネに。

はめ込み式で清掃や交換が容易に行えます。溝やくぼみがなく清掃性がアップし衛生的です。

有効内容量最大8Lアップ(一部機種除く)

新型蒸発器に変更したことにより、蒸発器が小型化され、有効内容量が増加しました 。