環境への取組み
  • 環境方針
  • トップメッセージ
  • 環境・安全宣言
  • 環境マネジメント
  • 環境報告

トップメッセージ

message_text.png

高い省エネ目標へ挑戦。

2015年4月に「フロン排出抑制法」が施行され、“廃棄時の回収・破壊”に関わる規制が、“省フロンの使用”と、“フロン使用中の管理”へと拡大されました。弊社のお客様にも管理義務が発生することから、お客様に対して、よりよい管理体制が構築できるよう様々な提案を進めております。省エネ製品の開発によるお客様のエネルギー消費低減とあわせて尽力してまいります。
フロン排出抑制法ではフロン類使用製品の低GWP(温暖化係数)化やノンフロン化の取り組みが求められています。弊社では、温暖化係数の低い代替冷媒を用いた基礎研究を行っており、2015年2月にはCO2を代替冷媒とした冷凍システムを開発・納入しました。今後も、より省エネかつ地球環境にやさしい次世代冷媒への研究を進めてまいります。

福島工業は、関西電力・九州電力とBEMSアグリゲーターとして契約しております。電力需給が逼迫した際には、当社のBems-you のインフラを活用してお客様の店舗の冷凍冷蔵設備を遠隔で省エネ制御することで負荷調整に貢献します。また、「エネマネ事業者」として、お客様の設備に対して「エネルギーマネジメントシステム」を導入し、エネルギー管理支援サービスを通じてお客様の省エネルギー事業を支援致します。

温度コントロール技術を集積。

2013年に、『ESCO事業を組み合わせたエネルギー管理システム「Bems-you」による環境負荷システムの構築』が省エネ大賞経済産業大臣賞(ビジネスモデル分野)を受賞しました。また、別置き型冷蔵冷凍ショーケースや、プレハブ冷凍冷蔵庫などの冷凍冷蔵機器の運転状況を解析しフロン冷媒の漏れを検知するシステムが、オゾン層保護・地球温暖化防止大賞優秀賞を受賞しました。

福島工業では磨き抜かれた技術を集積し社会的価値の増大を目指します。お客様の期待をさらに越えるため、生活者の環境と食の未来を支えられるよう、付加価値を追求し今後も様々な環境活動に邁進してまいります。